歯医者に行かないとどうなる?歯石除去をするなら歯医者へ

歯は命

物を噛んで食べるという行為は、歯があってこそです。その歯がなくなれば食べ物を美味しいと感じなくなるでしょう。顎の力も弱くなり、フェイスラインも崩れてしまいます。日ごろから歯磨きを徹底して行い、歯石を落とすことを意識しなければならないでしょう。

歯石が付きやすい人とそうでない人の違いとは?

歯石が付きにくい人の特徴

唾液の分泌が多く、口の中はいつも潤っています。唾液はアルカリ性にとても近く、サラサラしています。このような人は、虫歯になりにくく歯石も付きにくい口腔環境だといえます。

歯石が付きやすい人の特徴

甘いものや柔らかいものを好んで食べる人は、唾液の分泌が少なくなります。また、口の中にずっと何かを入れていたり、歯磨きの仕方が雑だったりとすると歯石が付きやすくなるので、口腔環境は悪化するばかりです。

歯石除去が甘いとなりやすい疾患や悩み

no.1

虫歯ができる

歯に付着した歯石は、虫歯菌を増殖させる危険性があるので、歯石除去は定期的に行なう必要があります。また、自宅でも歯科衛生士に習った通りに歯磨きをしましょう。特に歯周ポケットの中や境目、歯と歯の間は歯磨きがしにくく、歯石が溜まりやすい場所です。

no.2

歯周病で歯を失う

取り切れなかった食べかすは、やがて歯石となり硬くなります。普段の歯磨きでは完全に除去することは不可能に近いでしょう。放置すれば、歯周病菌の餌となり少しずつ症状が進んでいきます。

no.3

口臭がひどくなる

歯石自体が口臭を放つわけではありませんが、歯石の中にある汚れは強烈な匂いを発します。歯医者さんで掃除をしていない人は鏡でチェックしましょう。白っぽいものがあればそれは歯石です。

no.4

歯が黄ばむ

歯磨きを怠ると、歯は全体的に黄ばみ見た目が悪くなります。歯医者さんで歯石除去を行なえば、本来の白さに戻すことができます。

no.5

病気が悪化した

歯石は歯周病を引き起こす原因ですが、この菌が血管を通り臓器へ送られると、糖尿病や心臓病など命に関わる病を誘発させてしまいます。一見関係ないように思いますが、歯の治療を放置したことで死に至るケースは結構あります。ですから、自分は大丈夫と思わず、歯石除去を定期的に行なう必要があるのです。

歯医者で行なう定期健診や他の治療のハナシ

女性

定期健診をしよう

銀座や吉祥寺の歯医者では、患者の歯の健康を第一に考えた治療を提供しています。代表的なのは、予防歯科です。全身の健康は口の中の予防からをモットーに、歯石除去や歯科衛生士によるブラッシング指導を徹底的に行ないます。念には念を入れて虫歯を防ぐフッ素入りのジェルコートやマウスウォッシュで最後の仕上げをしましょう。歯医者さんがおすすめするデンタルケアグッズは、歯石を効果的に除去するので虫歯や口臭予防にも効果的です。

歯を抜歯する数は年間で1500万本以上

京都や銀座の歯医者では、できるだけ歯を残すことを目標に治療をしますが、骨まで溶かされている状態だと他の歯に影響を及ぼすので仕方なく抜歯を選択するというのはあります。一方で、抜歯を機会に歯科矯正を始めるという方も少なくなく、きちんとかみ合わせができていれば決してマイナスではありません。富山には矯正歯科に強い歯科医院が数多くあるので一度相談してみてもいいでしょう。

[PR]銀座の歯医者を利用
虫歯の治療がスムーズ!

[PR]予防歯科なら大阪の歯医者さんで受けよう
人気医院を厳選公開♪

[PR]歯医者なら京都で予約
大切な歯をいつまで残せる!

[PR]吉祥寺の歯科医院へ行こう!
歯のトラブルを無かったことに

広告募集中